FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十五話

今週は第十五話、『女王艦隊』です。
イタリア編の2話目です。

前回、いきなり登場したアニェーゼですが、そのアニェーゼから、
艦隊名は「女王艦隊」、船の名称は『アドリア海の女王』ということを知ります。

女王艦隊はローマ正教がアドリア海を監視するために作られたもの。
上条さんたちは、アニェーゼを救い出そうとして捕まった
シスター・アンジェレネ、ルチアを助けだすため、アニェーゼから手を組む提案を受けます。

それから、アニェーゼは陽動に、上条さんとオルソラの二人はアンジェレネ、ルチアを探し、
二人の救出に成功します。

その二人から、女王艦隊がアニェーゼを使い『刻限のロザリオ』という儀式を行うことを聞きます。
そして、その話を聞いた直後、別の艦からの砲撃を受け、沈み始めます。

アニェーゼのほうは、女王艦隊を指揮する『ビショップ・ビアージオ』のもとにおり、
上条さんたちが載っていた艦が沈んだことを聞きます。
その上条さんたちですが、艦が沈み海の底へ落ちますが、天草式の上下艦に救われました。

その後、アンジェレネ、ルチアの二人の願いを聞き、
上条さんたちはアニェーゼを救いに女王艦隊へ戦いを挑みます。

今週はここまで。
来週は、『刻限のロザリオ』
上条さんたちは、アニェーゼを救うことができるか。
そして、ビアージオの目的は?

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十六話 | HOME | とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十四話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |