FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十一話

今週は第十一話、『刺突抗剣(スタブソード)』です。
また今回もオリアナの追走劇です。

オリアナに逃げられ、一時インデックスたちのもとに戻る上条さん。
いつものラッキースケベで、美琴の怒りを買い、逃げ出します。

一方、ステイルはシェリーやオルソラと連絡を取った後、小萌先生と出会います。
その場に姫神も現れ、上条さんもそこに登場します。

土御門から電話を受けた、上条さんはステイルと捜索再開。
上条さんたちがオリアナを捜索しているなか、とうのオリアナは土御門を潰しにかかります。
はったりを使い、難を逃れることに成功した土御門は、上条さんたちに連絡を入れます。

その頃、小萌先生と姫神は、土御門のもとから去ったオリアナと出会います。
姫神の『吸血殺し(ディープブラッド)』の力を封じ込める霊装を見た、
オリアナは勘違いから姫神を手にかけます。
その後、血だらけになって倒れる姫神のもとに、上条さんたちが辿り着きます。

命を失いかける姫神ですが、過去にインデックスが自分の傷を治すために使った術式を
ステイルが行い、応急処置を試みます。そして、上条さんは1人でオリアナを追います。

今回はここまで。

次回は『天文台(ベルヴェデーレ)』
次回もオリアナを追う話。
そして、傷ついた姫神の運命は?

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十二話 | HOME | とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |