FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第八話

今週は第八話、『大覇星祭』です。
今回は学園都市全体の大規模運動会での話です。

最初は、久しぶりに上条夫婦や美琴の母が出てきたり、
イギリス清教主教・ローラと学園都市統括理事長・アレイスターの
二人の大物との会話から始まります。

二人の話では、強力な力を秘める『刺突抗剣(スタブソード)』を持った何者かが
学園都市に侵入しているとのこと。

そして、学園都市では上条さんは大覇星祭に参加しています。
まずは棒倒し。対戦相手の学校の先生に小萌先生が罵倒されている姿を見て、
クラスの一行は激しくやる気を出し、
美琴とインデックスが見る中、見事に勝利を収めます。

棒倒しが終わりし、吹寄さんとのえっちなイベント後、
インデックスと合流した後、食べ物の屋台を探していると
いきなり、借り物競争参加中の美琴に上条さんは連れ去られます。

一方、ステイルと土御門は、先ほどローラとアレイスターが話していた侵入者を探しています。
そこに通りかかった上条さんも事情を聞きます。
侵入者はローマ正教、リドヴィア=ロレンツェッティ、運び屋のオリアナ=トムソンの二人。
目的は聖人を一撃で倒せる力を持っているスタブソードで戦争を引き起こすこと。

上条さんがインデックスを探していると、
小萌先生とインデックスの着替え場面に鉢合わせ、そこに吹寄と合流し連れ戻されます。

上条さんが、吹寄に連れ戻されていると、作業服を着た金髪のお姉さんとぶつかります。
お姉さんが手を差し出し、握手を求めると上条さんも右手で握り返したら
幻想殺し(イマジンブレイカー)が発動。
不信に思った上条さんは、金髪のお姉さんを尾行することに。
今回はここで終了。

さすがに、細かい話はすっ飛ばしていますけど、
今回はまとまっていたと思います。

次回は、『追跡封じ(ルートディスターブ)』。
金髪のお姉さんもとい、上条さん、土御門、ステイルの3人によるオリアナの追走劇が始まります。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第九話 | HOME | とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第七話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |