FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第二話

今週は第二話『法の書』です。

『絶大な力を手に入れることができる』といわれる『法の書』を巡る話の1回目です。

今回は『法の書』を解読できるオルソラ・アクィナスと
そのオルソナをさらった神裂が女教皇としていた所属していた天草式。
ステイルにさらわれたインデックスとそれを追いかける上条当麻。
そして、さらわれたオルソナを追いかけるシスターアニェーゼ率いるローマ正教。

と多くのキャラが出てきましたね。原作を見ていないと混乱しそう。

話は、土御門の妹、舞夏と会話中にインデックスがさらわれ
それを追いかける上条さんは、偶然オルソラと出会います。

オルソラのボケに付き合いつつも、ステイルの元に辿り着いた上条当麻。
そこには、共に行動しているローマ正教の姿も。

何とかインデックスと合流できた上条さんですが、
天草式に再度、オルソラがさらわれることに。

その後は、上条さんがアニェーゼのスカートの中に顔を突っ込んだり、
インデックスとアニェーゼがいるお風呂に特攻したりしつつも
現在の状況を確認し、日本のどこにでも移動できる術式
『縮図巡礼』を行おうとしている天草式を抑えるための準備に。
今回はここで終了。

それにしても、話の進みが速いですね。
かなり省略している部分もありますが、問題なく進んでいるのではないかと。
この分だと3~4話ぐらいで終わりそうですね。

次回は『天草式』。
天草式を追いかける、上条さん一行。
そして、今回の騒動の真相が判明することに。

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<赤と黒 | HOME | 零の軌跡が面白い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |