FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

咲 -saki- 25話感想

咲 -saki- 25話感想です。
タイトルは『全国』で、合同合宿が始まりました。

のっけから、特訓と思いきや温泉に。
その頃、お留守番の京ちゃんは妄想にふけっていました。
京ちゃんは最近、妄想ネタが多い気がする。

特訓を始めるかと思いきや、トラブル続きで始まらず自由時間に。
加治木は久にデータを渡したり、
清澄1年生トリオは京ちゃんのお土産を買いに行ったり。
忘れられていなかったね京ちゃん、良かった良かった。

合宿所では眼鏡四人組みが、決勝のリベンジを。
モモと加治木はお風呂に(二人きり)。
池田と井上は、温泉の定番卓球を。
そこを通りがかる、部長組や1年生トリオ、モモと加治木+衣。

ちなみに、眼鏡組みは、結局ビギナーズラックで終了。
オチがついたところで就寝時間になります。

次の日、咲と和がお風呂に(二人きり)。
と思いきや、加治木がモモと入浴中(二人きりだった)。

久もお風呂に、透華や福路もやってきて、全国大会のアドバイスに。
やっぱり、ここで名前が出るのが咲の姉、宮永照。
姉の話を聞き、温泉から出て行く、咲。それを追いかける和。

姉と麻雀を打っても、何も変わらないことに恐れ始めます。
そんな咲を見て、和は勝負事にご利益がある神社にお参りに誘います。

和は、咲やみんなととずっと一緒にいたいと願ったことを伝えます。
その様子に咲も元気を取り戻します。
二人の仲がさらに進展し、とうとう名前で呼び合うことに!

そして、帰ってきたら合宿開始。
まさかのカツ丼さんの登場。
そして、全国大会が開始。

EDで、全国大会がダイジェストで。
いきなり、新キャラがいっぱい出てきた!
怒涛の展開過ぎる。最後の最後でコレか。
それにしても、久しぶりに『Glossy:MMM』を聞いたなぁ~。

なんだかんだで、半年間毎週見てしまいました。
スタッフのかた、お疲れ様でした~。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どっちも同じキャラが | HOME | ネガティブ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |