FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

咲 -saki- 23話感想

咲 -saki- 23話感想です。
タイトルは『本気』で、個人戦2日目・本戦最終局面です。

前回はモモがステルスモードになったところで終わりました。
始まって早々、智紀から和がるモモ。
和には効ませんでしたが、ステルスモードは意外と手強かったんですね。
団体戦のときは相性が悪かった。

南三局でモモが連荘中。
しかし、部長がツモ和がりで、オーラスへ。

部長がいろいろな想いを抱えてる中、
咲も合宿のことを思い出し仕掛け始めます。
お得意のカンからリンシャンカイホウ。

合宿のときのネット麻雀の感覚がモモのステルスを
破り咲に勝利に導きました。最後の最後で、咲に持ってかれました。
戦い終わり、咲は5位に。そして、最後の対局へ。

1位は相変わらず福路、4位が透華、6位は加治木、部長8位。
この4人が同じ卓に。

2位の和は、井上、池田、一と対局。
1日目トップだった優希は14位と大きく転落。
同卓にはまこ、モモ、智紀の3人。

3位は新キャラ・南浦。咲、吉留、蒲原の3人と対局。
最後の最後で主人公との対決です。どっちが勝つのか。
咲は、靴下もばっちり脱いでます。

ということで、対局開始。
ちなみに、福路は周りを引き離しているため、通過確実みたいです。

咲がいるC卓では吉留がいきなりの先制し、
その後も好調のまま、そして、南場へ。
ということは、あの人が本領を発揮し、ガンガンと和がっていきます。
でも、咲はなんだか余裕そう。団体戦の決勝を思い出しますね。

咲のカンが発動。
これはもう、逆転の予感がビンビンとします。
和のほうは調子よく進み、全国への切符もほぼ確実に。

C卓では、咲がまたカン。
そして、やっぱり、リンシャンカイホウで和がり、総合3位になり逆転勝利へ。

残りの卓は福路、透華、加治木、部長のいるA卓だけ。
部長VS福路の2度目の対決へ。
戦いの末、最後は部長が高い手で和がり、福路に逆転勝ち。
しかし、部長は惜しくも咲に追いつけず総合4位に。

これで、全ての対局が終了しました。
全国の出場は、福路、和、咲の3人に。
咲とか部長とかが目立ってて、あまり出番がありませんでしたが、
トップで通過した福路が、実はかなりすごかったり。さすが、キャプテン。

ここで、今週は終了。

来週は、『夏祭り』ということで、タイトルどおり夏祭りに行きます。
あれ、今まで盛り上がっていた全国大会は?
残り数話で何をやるのか?

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< | HOME | エレガのアルバムとなるかな>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |