FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

咲 -saki- 21話感想

咲 -saki- 21話感想です。
タイトルは『追想』で、個人戦が始まります。

全国に出場できるのは3人。
今回は予選で、各対局室で1位と2位が、
本戦に出場できるみたいです。

気になる組み合わせ、清澄は全員別れた模様。
いきなり、同校対決はありませんでした。

でも、優希と咲は、組み合わせは違うものの隣同士の部屋で。
優希は兵糧(タコス)を持参。タコスパワーは何処まで発揮できるか?

対局開始。清澄面々は順調な様子。
他の対局室では、透華が、鶴賀の初心者・妹尾と同じ卓に。
まさか、妹尾に国士無双を振り込むとは......
透華いきなりのピンチ。

一方鶴賀は、津山が謎の強敵と対局中。
新キャラの登場の予感か?
風越は、清澄も苦戦しつつも順調な様子。(すぐ負けた京ちゃん以外は)
でも清澄の女の子達に、励まされたり、パシられたりでおいしい。

その後の対局では、優希は絶好調でトップに。
タコスパワーが功を奏したのでしょうか。
そして会長は、因縁がある福路との対局に。

東一局。
会長は、いつもの悪い待ちでリーチ。
そのまま、ツモ和がりします。
次の東二局でも会長が和がります

その頃他の対局室では、
優希、和、咲などは本戦出場を決めました。

一方、福路は久に勝負を仕掛けます。
最終的に、福路が逆転してトップに。
会長も昔、福路のことを思い出した模様。

何だかんだで、清澄は全員本戦出場。
最後は、トップの優希のインタビューで終了。

次回は『約束』で、個人戦本戦です。
噂の新キャラさんが登場するようです。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<わがまま娘と下がる男 | HOME | へーじ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |