FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

咲 -saki- 19話感想

咲 -saki- 19話感想です。

タイトルは『友達』で、大将戦後半終盤です。
前回は、咲が8000オールで和がり、衣に一歩近づきました。

OP前に衣と龍文渕の昔話。
改装が終わると、いきなり停電が。

停電復旧後始まった、
対局で4回目の海底で衣が咲の連荘を阻止しました。

それにしても、カツ丼さんは寝てるし。
最近、この人は面白キャラと化している気がします。

勝負のほうはオーラスの南四局へ。
最後の最後まで諦めない、池田が役満を拒否し、逆転を狙いに。
冷静に打つ加治木、咲も役満一歩手前。

咲の和がり牌を引き、捨てるか迷う衣。
咲の麻雀楽しい発言、衣にも影響を与えた模様です。
そして、牌を捨てる衣。

咲は和がらずにカン。衣の責任払い狙いに。
もう一つカン、さらにカン。最後にツモ嶺上開花、
点数は、数え役満で32000点。
さすが、主人公すごい。

龍文渕から32000点を奪って、清澄の逆転優勝となりました。
長かった戦いがここに終結します。

咲と和が仲良しコンビが抱き合い、
喜びを分かち合う清澄面々。
龍文渕、風越、鶴賀負けた3校も、どこか清清しいです。

その後は、優勝記念と言うこと記念撮影。そして、帰路へ。
ここで、今週は終了。

次回は、『姉妹』というタイトルで、決勝後の話。
プールで特訓を行うらしいです。
その場には思いもよらぬ面々が出てくるとのこと。いったい誰でしょうか?

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<C76 | HOME | 黒と青>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |