FC2ブログ

つきそら日記

日々の日記です

咲 -saki- 17話感想

咲 -saki- 17話感想です。

今回は、原作5巻の第40局途中から6巻の43局までです。
タイトルは、『悪夢』で、大将戦前半後からです。

前半戦は、衣が圧倒的な強さを見せ
他校を寄せ付けない点差を稼ぎ、独走状態となりました。

前半戦終了後、休憩へ。
風越は、キャプテン・福路が池田の様子を見に、
鶴賀は、モモと加治木のちょっと微笑ましい会話、
衣は藤田プロ(カツ丼さん)に『打たされてる』と意味深な言葉を残されます。

そして、咲はトイレに……と思いきや、和に捕まり咲に叱咤激励を。
あそこまで恥ずかしいやり取りは、久しぶりに見た気がします。
結局、トイレには行けず、後半戦へ。

後半戦、東一局。
相変わらず、衣が海底で和がります。これで海底3回目です。
しかし、咲は嶺上開花を狙っており、勝負をあきらめていません。

東二局。
衣が連続で和がり、風越は点数が0点に。
後一回でも点数が引かれたら、トバされて試合終了に。
ツモあがりできないため、嶺上開花で和がることもできません。

でも、その中で、笑顔を見せる咲。
咲の笑顔に一番早く気づいたのは和。
ということは、咲の顔をずっと見ていたのでしょうか?

東二局、三本場。
池田にあきらめムードが漂う中、
咲が二連続でカン。それを、池田が加治木と同じ槍槓であがります。
咲は今のを故意に行ったみたいで、調子が戻ってきました。
この後の試合展開が面白くなってきました。

ここで今回は終了。
次回は、『繋がり』というタイトルで決勝後半戦途中からです。
果敢に攻める池田、隙を見逃さない加治木、復活した咲が衣に食らいつきます。
そして、夜空には満月が……

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<永遠のアセリア&聖なるかな | HOME | 2009年7月発売の新アニメのOPが出た>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |