つきそら日記

日々の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

IS 1巻

地震やら何やらで更新が少なかったですが、
やっと落ち着いてきました。

ということで、今回は、今日届いたIS 1巻です。

20110331.jpg

ISはアニメ化する前から、原作を読んでいましたが、
まさか、こんなに人気が出るとは予想外でした。

話数が増えていくたびに、ヒロインが増えていく、
あのエンディングが個人的に好きです。

BD、DVDの売上も良さそうなので、二期もやってほしいですね。
生徒会長さんとか新キャラもアニメで動くところが見たい。

それでは、また次回です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第二十三話

今週は第二十三話、『開戦前』です。

前回、ヴェントと決着をつけた上条さん、風斬のもとへ。
悲惨な状況を生み出した、風斬を慰めます。

一方通行は、学園都市に与えた損害をなくすため、
また、今回の件の首謀者を見つけるため、学園都市の闇へと入っていきます。

そして、アックアは学園都市から離脱、
かえる顔のお医者さんは、アレイスターと意味深な会話を。

で、時が経って、数日後。
上条さんは姫神や吹寄と一緒に昼食。
今回の事件をきっかけに学園都市とローマ正教の戦争の話になります。

戦争から食べ物の心配をする二人。
そこから、鍋への話へと変わると、何故かクラス一同で鍋を食べに行くことに。
とまぁ、そんなこんなですき焼きを食べに行く一堂。
その場には、なぜかインデックスもそこにいます。

鍋も食べ終わって、帰宅中、訪れる戦争を前に、真面目の雰囲気になります。
そんな大規模を戦争を目の前にして、土御門に英語を勉強することを告げます。
シリアスシーンが台無し……。

その頃、一方通行は、銃の練習をしていると海原が現れます。
グループとして、戦争中に内部から学園都市に打撃を与える
スキルアウトの勢力を一掃しに行くことに。
また、グループの一員として、結標も行動を開始します。

今週はここまで。
今回は13巻からSS1巻につなげましたね。
グループの話が2期で見られるのは良いですね。
個人的には、神裂さんと洗濯機の話も見たいですけど。

次回は、『スキルアウト』
学園都市対スキルアウトの戦いが始まります。
それに巻き込まれる、美琴の母親、上条さん。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第二十二話

今週は第二十二話、『天罰術式』です。
今回の話も終盤に入ってきました。

打ち止めを助けるために、木原のもとに現れた一方通行。
相変わらず木原の戦い方の前に、歯が立ちません。
頼みの綱のバッテリーも時間切れ。

その頃、上条さんのほうも、ヴェントと戦闘中。
周りの人間を巻き込みながら戦おうとするヴェント。
しかし、風斬が操られながらもヴェントの攻撃を防ぎ、被害は全く出ませんでした。
その風斬の姿勢に上条さんは力を貰います。

そして、一方通行のほうは、バッテリーも切れ、本能のみで戦い、
能力を使わず木原に食いかかりますが、適いません。
そして、木原が一方通行を痛めつけているところにインデックスが現れます。

上条さんは、ヴェントとの戦いが続いてます。
天使の出現に伴い、魔力の循環不全が起こっている状態のヴェント。
弟を殺した科学を憎み、自分の身を傷つけながらも戦います。

しかし、ヴェントの事情を聞いた上条さんは、
科学者や弟の思いを無碍にするヴェントを叱咤します。
そして、攻撃を仕掛けてくるヴェントに、上条さんの拳が炸裂します。

上条さんがヴェントとの決着がついた頃、
インデックスは打ち止めの中にあるウィルスを消すため、
歌を歌い、打ち止めの精神に干渉します。

木原に追いつめられる一方通行は、木原が放った手榴弾でやられる寸前
天使の力もといオカルトの力を取り込み、
背中から黒い翼を生やした一方通行は木原を倒します。

そして、上条さんの前には、神の右席・後方のアックアが現れ
ヴェントを連れて引き返します。

今回はここまで。

戦闘の演出・書き込みは凄いですけど、
話がかなり省かれているので、原作を読まないとわからないかも知れませんね。

それと、アックアがとうとう出てきましてね。
この後、出番はほとんどないでしょうけど。
アックア対上条さんの話が、早く見たいですね。三期をやることを期待します。

次回は『開戦前』
長かった話も決着。
そして、一方通行は新たな闇の世界へ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第二十一話

今週は第二十一話、『学習装置(テスタメント)』です。
上条さんと一方通行、二人の主役の活躍が面白くなってきました。

前回、猟犬部隊の一部隊を殲滅した、一方通行。
かえる顔のお医者さんの病院を襲った、
猟犬部隊の別働隊も一方通行に、殲滅されることに。

戦闘後、一方通行の携帯電話に、上条さんから電話が来ます。
二人で、打ち止めを救うことに。

その頃、アレイスターと木原はテスタメントを使い、
敵対する魔術師に、特にヴェントに対抗することに。
その影響を受け、ヴェントは体を傷付けながらも、現れた上条さんに対抗しますが
謎の光の出現に伴い、その場を離脱。
上条さんも、その光景から天使の出現を知ります。

そして、その天使の出現場所へ向かう途中、インデックスと美琴と会い、
天使が風斬氷華だということを知り、助けることに。

美琴は上条さんたちを追っていた、狩猟部隊と自分をおとりに戦うことに。
風斬の元へ向かう上条さんとインデックスは、その道中
敵意を向けた相手を叩き潰すというヴェントの魔術の正体を見破ります。

その頃、一方通行は木原の元を強襲し、その場に居た、狩猟部隊を倒します。
一方、風斬の元へ辿り着いた上条さんは、その場にいたヴェントと再び戦闘に入ります。

今回はここまで。

次回は『天罰術式』。
上条当麻対ヴェント、一方通行対木原数多。
そして、打ち止めを救うために動くインデックス。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第二十話

第二十話、『猟犬部隊(ハウンドドッグ)』です。
話が段々とシリアスになってきました。

前回、ボロボロになった一方通行の前にインデックスが現れましたが、
一方通行は、その一瞬の隙をつき、車を奪い、インデックスを連れて逃げ出します。
そして、一方通行の後を追う木原の前にはヴェントが現れ、猟犬部隊を倒していきます。

木原の元から逃げ出した一方通行は、
インデックスを車から降ろし、かえる顔のお医者さんのところへ行かせます。

そして、上条さんのほうは、打ち止めと共に一方通行のところへ向かうと、
誰もおらず、その後にやってきた木原の猟犬部隊に襲撃を受けることに。
襲撃後、何も音沙汰がないことを上条さんが不振に思っていると、ヴェントが現れます。

上条さんに攻撃を仕掛けるヴェントに対し、上条さんは打ち止めを逃がします。
ヴェントの攻撃を右手で打ち消しつつ、応戦していると、
突然、ヴェントが血を吐き、逃げていきます。

その頃、一方通行は後を追ってきた、猟犬部隊を殲滅し、
その姿をアンチスキルに目撃され、指名手配されることに。

今回はここまで、次回は『学習装置(テスタメント)』。
次々に倒れる学園都市の人々。その原因は?
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。