つきそら日記

日々の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十九話

今週は第十九話、『木原数多(けんきゅうしゃ)』です。
今回はいきなり、サーシャとワシリーサの登場で笑いました。

前回、無事打ち止めを見つけだした一方通行。
はしゃいでる打ち止めが転んでケガをしたため、
一方通行は薬局で、絆創膏を買いに行きます。
その帰り途中、一方通行は何者かの襲撃を受けます。

得意の力で、襲撃者を退けていく一方通行の前に一人の男が現れます、
その男の名は、木原数多(通称:木原くん)。
一方通行の能力開発に携わった研究者の一人です。

一方通行のことを知り尽くしている木原は、一方通行の攻撃を寄せ付けず、
一方通行を追い詰めていきます。

木原に追い詰められた一方通行は、木原の狙いであり、
捕らえられた打ち止めをどこかに吹き飛ばします。

そして、木原に止めを刺されそうになる直前、一方通行の前に
最新鋭日用品(ポケットティッシュ)を返しに来たインデックスが現れます。

その頃、いなくなってしまったインデックスを追いかける上条さんは、
次々に倒れていく、警備員(アンチスキル)を目にし、侵入者の存在を知ります。
そこに、一方通行に吹き飛ばされた打ち止めが現れ、上条さんに助けを求めます

侵入者はローマ正教、神の右席:前方のヴェントで、
学園都市統括理事のアレイスターに宣戦布告をします。
それに対し、アレイスターは木原に隠し玉『ヒューズ・カザキリ』の使用を命じます。

今週はここまで。

次回は、『猟犬部隊(ハウンドドッグ)』
打ち止めを追いかけ、捕獲しようとする木原数多。
それを阻止するために動き出す、一方通行&インデックス。
そして、ヴェントに狙われる上条当麻。

それでは、また次回です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十八話

今週は第十八話、『検体番号(シリアルナンバー)』です。
いきなり、原作どおりのローラの入浴シーンだったり、
AI搭載全自動洗濯機ネタだったりで笑いました。

イギリスとは打って変わって、学園都市では上条さんと美琴の罰ゲームが続行中。
そこを、打ち止め(ラストオーダー)にゴーグルを奪われた
妹達(シスターズ)一〇〇三二号が通りがかります。

そのままだと、見分けがつかないので、上条さんはネックレスをプレゼントします。
そして、試作品のお菓子を食べていると美琴が戻ってきます。
御坂姉妹が上条さんを巡って諍いを起こしていると、打ち止めがいきなり出てきます。

場を荒らしてから、すぐに逃げ出し、
一〇〇三二号も打ち止めの後を追いに行ってしまいます。

一方、打ち止めの留守番電話の録音を聞いた一方通行(アクセラレータ)は、
打ち止めを探しに、上条さんたちがいる地下街へ向かいます。
途中、風斬がでてきたましたが、これは後半への伏線。

地下街へ入る直前、一方通行はインデックスと出会い、ご飯をおごらされることに。
インデックスはお礼に、打ち止め捜索についていく事に。
そして、上条さんは、またいきなり出てきた打ち止めに、ポップコーンをおごらされることに。
そんな打ち止めも、量産能力者計画(詳しくは原作3巻)での礼を言うために出てきました。

その後、地下街を歩いていた、一方通行は打ち止めを見つけ、
インデックスは上条さんを見つけ、それぞれ探し人と出会えました。
ここで、科学と魔術が交差するとこが、この後の展開を少し醸し出していそうですね。

今週はここまで。

次回は『木原数多(けんきゅうしゃ)』
話が段々きな臭くなってきます。
打ち止めを狙う男、上条さんには神の右席の刺客が。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十七話

今週は第十七話、『罰ゲーム』です。
今回からOPも変わりましたね。

天井から負ったケガも直り、一方通行と打ち止めは新たな生活の開始。
上条さんは土御門、青髪ピアスの3バカと共に吹き寄せに一掃されたり、
御坂妹達も病院から退院し、今までと打って変わって平和な日常が。

そんな、上条さんは学校からの帰り、美琴と遭遇します。
そして、大覇星祭りでの約束どおり『罰ゲーム』が始まります。

その頃、一方通行と打ち止めは、黄泉川先生のマンションへ。
今後の面倒は、黄泉川先生が世話をみることになります。

一度昼食をとるために、美琴と別れた上条さんはインデックスとともに
大量に余ったそうめんと戦い、一方通行は黄泉川宅へ、
上条さんを待っている美琴は初春と出会います。

やっと、美琴のもとへやってきた上条さん。罰ゲームが本格開始。
一緒に携帯電話の契約に加入したり、書類用の写真を一緒に撮ったりして、
良い雰囲気になっているところに、黒子が邪魔に来て美琴を連れて行きました。

一方、打ち止めはオートロックのマンションから締め出され、
そこを通りかかった、妹達一〇〇三二号と出会います。

そして、妹達がつけているゴーグルをうらやましく思った打ち止めは、
一〇〇三二号のゴーグルを奪い去ります。
表情には出てないけど、結構頭に来てる一〇〇三二号は
上位体である打ち止めに反旗を翻します。

今週はここまで。

次回は『検体番号(シリアルナンバー)』
美琴の罰ゲームがまだ続きます。
学園都市側だけでなく、魔術側の日常が見られたりも。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。