つきそら日記

日々の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十六話

今週は第十六話、『刻限のロザリオ』です。
イタリア編の3話目です。

前回、ビアージオ率いる女王艦隊と相対することになった上条さんたち。
シスター・アンジェネレが、元の仲間であったシスターたちを助けるために、
自分の身を犠牲にして戦闘続行不能に。

天草式の援護の元、船の中に侵入した、上条さん、インデックス、オルソラの三人。
しかし、魔術で作られた氷の兵に囲まれ、
上条さんは自分を囮に、インデックスたちと別れます。

氷の兵を右手で粉砕しつつ、逃げ回っていると上条さんの前にビアージオが現れ、
その魔術の前に敗北してしまします。

一方、インデックスとオルソラは、再び氷の兵に囲まれます。
今度はインデックスが引きつけ、オルソラはアニェーゼの元に。

アニェーゼの元へ辿り着いた、オルソラ。
そこに、上条さんを倒したビオージオが二人の前に現れます。

『アドリア海の女王』は元々、ヴェネツィアにしか照準を向けられないもの。
ビオージオは、それを外すために『刻限のロザリオ』を使い、学園都市を滅ぼそうとしています。

そのビオージオの行いに、反旗を翻したアニェーゼ。
しかし、ビオージオは上条さんにも使った魔術で二人を圧倒します。
二人が追い詰められる寸前、タイミングよく上条さんが登場し、いつもの拳を決めてくれます。

一見、そこで終わったかに見えましたが、立ち上がるビオージオ。
追い詰められたビオージオは、『女王艦隊』の自爆を選びます。
そして、オルソラとアニェーゼを逃した上条さんは単騎、ビオージオに戦いを挑みます。
ビオージオの攻撃を退け、今度こそ勝利を収め、今回の件は一件落着。

その後、ケガでそのまま超音速旅客機で学園都市に帰ることに。
その頃、天草式のことが気になっていた、天草式元女教皇・神崎は、
土御門に今回の件の顛末を聞きます。
ここで、ちゃんと堕天使エロメイドをやってくれるとは。

その神崎の元に、アニェーゼを連れたオルソラが現れ、
アニェーゼ率いるシスターたちも、寮に入ることに。
最後に、ローマ教皇とヴェントが登場し、上条さんの抹殺命令が下ります。

今回はここまで。
次回は『罰ゲーム』
以前の大覇星祭りでの約束どおり美琴との罰ゲームが。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十五話

今週は第十五話、『女王艦隊』です。
イタリア編の2話目です。

前回、いきなり登場したアニェーゼですが、そのアニェーゼから、
艦隊名は「女王艦隊」、船の名称は『アドリア海の女王』ということを知ります。

女王艦隊はローマ正教がアドリア海を監視するために作られたもの。
上条さんたちは、アニェーゼを救い出そうとして捕まった
シスター・アンジェレネ、ルチアを助けだすため、アニェーゼから手を組む提案を受けます。

それから、アニェーゼは陽動に、上条さんとオルソラの二人はアンジェレネ、ルチアを探し、
二人の救出に成功します。

その二人から、女王艦隊がアニェーゼを使い『刻限のロザリオ』という儀式を行うことを聞きます。
そして、その話を聞いた直後、別の艦からの砲撃を受け、沈み始めます。

アニェーゼのほうは、女王艦隊を指揮する『ビショップ・ビアージオ』のもとにおり、
上条さんたちが載っていた艦が沈んだことを聞きます。
その上条さんたちですが、艦が沈み海の底へ落ちますが、天草式の上下艦に救われました。

その後、アンジェレネ、ルチアの二人の願いを聞き、
上条さんたちはアニェーゼを救いに女王艦隊へ戦いを挑みます。

今週はここまで。
来週は、『刻限のロザリオ』
上条さんたちは、アニェーゼを救うことができるか。
そして、ビアージオの目的は?

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十四話

今週は第十四話、『水の都』です。
今回から、イタリア編が始まります。

いきなり、イタリア旅行を当ててしまう上条さん。
ということで、トラブルがありつつも突如イタリアへ。

イタリアの観光を楽しむ、上条さんとインデックス。
しかし、インデックスが姿を消し、現地人に話しかけられ慌てる上条さん。

そのとき、法の書の件でローマ正教からイギリス清教の改宗したことで、
イタリアから引越しの準備をしていたオルソラが出てきた助けてくれます。

その後、オルソラの引越しを手伝うことになり、オルソラ宅へ。
そこには迷子のインデックスさんもいて、おいしそうにジェラートを食べていました。
また、五和などの天草式のメンバーもそこにいます。
おいしそうに食べるインデックスさんの姿が良いですね。

引越しの手伝いも終わり、時間はすっかり夜に。
ホテルに泊まる上条さんとインデックスの二人は、
オルソラと別れようとしたところ、何者かに襲撃を受けます。

敵の襲撃に対し、インデックスが『強制詠唱(スペルインターセプト)』で対応しているうちに
上条さんが、拳を顔面に撃ち放ち、襲撃者の一人をやっつけます。

襲撃者を退治し、一段落着いたところで、いきなり地面が大きく振動し、
突如、運河の水面から巨大な船が浮上してきます。

船が飛び出してきた衝撃で、真上に打ち上げられた上条さんとオルソラの二人は、
墜落を避けるために、船の甲板に乗り上げます。

謎の船はそのまま動き出し、陸から離れていきます。
それと同時に、船の中から先ほどの襲撃者たちが現れ、上条さんたちを探し始めます。

襲撃者たちから逃れるため、船の中の上条さんたちは船室に逃げ込みます。
船室から外の様子を見てみると似たような船が多く出現していました。
二人が船について話しているとドアノブが回り、いきなりアニェーゼが登場します。
最後のほうにきて、展開が一気に進みましたね。

今回はここまで。

次回は『女王艦隊』。
突如、運河から出てきた船の正体は?なぜ、アニェーゼがこの船にいるのか?
そして、新たな敵が登場します。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とある魔術の禁書目録Ⅱ感想 第十三話

今週は第十三話、『使徒十字(クローチェディピエトロ)』です。
長かった、使徒十字の話も終わりです。

前回、空港での戦いが始まりましたが
相変わらずのオリアナの強さに苦戦を強いられます。

ステイルもイノケンティウスを使役し、上条さんと共に戦いに混じります。
その介あってか、容赦ない一撃がオリアナに炸裂します。
しかし、ステイルがすぐに反撃に会い戦闘不能に。

数ある主義主張を束ねて、自分が裏切られない絶対的な基準点がある世界を求めるオリアナ、
それを学園都市を犠牲にして行うことを防ぐ上条さん、

相容れない二人の主張がぶつかり、オリアナが強大な一撃を上条さんに見舞います。
それでも数々の思いを胸に、踏みとどまった上条さんはオリアナに渾身の拳をぶつけ、
辛くもオリアナから勝利を収めます。

しかし、まだ使徒十字(クローチェディピエトロ)の発動は止まっていません。
ここで、オリアナの術式をを介して、今回の件の元凶であるリドヴィアの声が聞こえてきます。

学園都市に使徒十字はなく、オリアナは囮。迫る使徒十字の発動時刻。
しかし、発動時刻となったその瞬間、学園都市のナイトパレードが始まります。
使徒十字を発動する条件に必要な星の光が、学園都市のナイトパレードによって見事に防がれ、
上条さんたち学園都市側の勝利で終わります。

その後は、上条さんが今回の事件を隠されてたインデックスさんに恨まれたり、
美琴と黒子が登場して罰ゲームが確定し、実はそれがこの後の伏線だったりで大変な模様。

また、今回の元凶リドヴィアのその後ですが、
ローラの策略で搭乗していた飛行機から放り出されて、その後どうなったかは不明。

姫神も無事に命をとり止め、一安心。これで姫神の出番も終了ですか……。
でも、最後の姫神のシーンは良かったですね。

今回はここまで。

次回は『水の都』。
次はイタリアのヴェネツィアが舞台。
オルソラや天草式が、再び登場します。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新年明けました

明けましておめでとうございます。
ということで、2011年になりましたね。

最近は同人活動、仕事など忙しくてあまり更新できませんでした。
何とか、同人活動のほうは一段落つき、
時間ができたので、今回はゲームの感想のほう更新しました。

今回の感想は『天使の日曜日』。
minoriのefのファンディスクですね。

efが面白かったので、こちらも買いました。
詳しいことは、感想のほうに書いてあります。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。