つきそら日記

日々の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

わがまま娘と下がる男

ゲームの感想を更新しました。

今回は、『天空のユミナ』と『D.C.II To You』です。

『D.C.II To You』のほうは、短いのですが、
『天空のユミナ』のほうは要素が多いので、今までの最長になりました。
後半に、ネタバレ部分もあるので注意を。

ユミナといえば、先日原画集買いました。

20090830-1.jpg

CGやイラストだけでなく、攻略チャートやスキルの
一覧があったりして便利です。

そして、一緒に買ったのが、

20090830-2.jpg

セブン・フォートレスリプレイ『シェローティアの空砦』と
ナイトウィザード The 2nd Edtionファンブック『スターダスト・ティアーズ』です。

どちらも、我らが下がる男・柊蓮司が出てきます。
買った理由の大半はコレです。

『スターダスト・ティアーズ』は過去にセッションを行った
ナイトウィザード初のリプレイ『星を継ぐもの』を最新の解釈で収録しています。
リプレイ中、柊は勘違いから学年を下げられます。
柊の下がる男伝説『柊SAGA』は、ここから始まりました。

そして、『シェローティアの空砦』は、アニメや小説で描かれた、
『七徳の宝玉編』で奇跡の学校卒業を果たした後、
別世界へ赴いた、柊の活躍がわかります。
こっちのリプレイでも、またレベルを下げられ、相変わらず悲惨な様子。

ちなみに、柊中心で書いてますが、
どちらも柊は主役じゃありませんので、あしからず。

それでは、また次回です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

咲 -saki- 21話感想

咲 -saki- 21話感想です。
タイトルは『追想』で、個人戦が始まります。

全国に出場できるのは3人。
今回は予選で、各対局室で1位と2位が、
本戦に出場できるみたいです。

気になる組み合わせ、清澄は全員別れた模様。
いきなり、同校対決はありませんでした。

でも、優希と咲は、組み合わせは違うものの隣同士の部屋で。
優希は兵糧(タコス)を持参。タコスパワーは何処まで発揮できるか?

対局開始。清澄面々は順調な様子。
他の対局室では、透華が、鶴賀の初心者・妹尾と同じ卓に。
まさか、妹尾に国士無双を振り込むとは......
透華いきなりのピンチ。

一方鶴賀は、津山が謎の強敵と対局中。
新キャラの登場の予感か?
風越は、清澄も苦戦しつつも順調な様子。(すぐ負けた京ちゃん以外は)
でも清澄の女の子達に、励まされたり、パシられたりでおいしい。

その後の対局では、優希は絶好調でトップに。
タコスパワーが功を奏したのでしょうか。
そして会長は、因縁がある福路との対局に。

東一局。
会長は、いつもの悪い待ちでリーチ。
そのまま、ツモ和がりします。
次の東二局でも会長が和がります

その頃他の対局室では、
優希、和、咲などは本戦出場を決めました。

一方、福路は久に勝負を仕掛けます。
最終的に、福路が逆転してトップに。
会長も昔、福路のことを思い出した模様。

何だかんだで、清澄は全員本戦出場。
最後は、トップの優希のインタビューで終了。

次回は『約束』で、個人戦本戦です。
噂の新キャラさんが登場するようです。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

へーじ

コミケの戦利品をまた出そうかと。

今回はコレ↓です。

20090823.jpg

FORTUNE ARTERIALのキャラソンアルバムです。
これと夜明けなのドラマCDを会わせて
MARINE ENTERTAINMENTに8000円持ってかれました。

その話は置いておいて、
収録曲は以下のようになってます。

Pure Blue Sky千堂瑛里華
空色キャンバス東儀白
If紅瀬桐葉
クラッカーズ・ガール悠木かなで
廻り時計(めぐりどけい)悠木陽菜
白雪千堂伽耶
絆~紡がれた世界~紅瀬桐葉・千堂伽耶
遥か未来へ東儀白・東儀征一郎
HONEY!悠木かなで・悠木陽菜
スパーク!千堂瑛里華・千堂伊織

あれ?誰か足りない。
FORTUNE ARTERIALのキャラクターページで確認すると




へーじ......



主人公の孝平くんは、置いておいても、
会長と征さんを入れるんだったら、司も入れて欲しかった。

むしろ、孝平くんと組ませれば良かったのでは?
次出すんだったら、ぜひとも男キャラもソロで。

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

咲 -saki- 20話感想

咲 -saki- 20話感想です。

タイトルは『姉妹』で、今までありそうでなかった水着回です。

前回、清澄は見事、県予選に優勝しました。
今回はその後の話。

OPで、いきなり咲の夢に姉が出てきます。
あそこまで、はっきり顔を出したのはアニメが先かもしれません。

その後、場面はいきなり、西東京の県予選へ。
宮永姉が全国一歩手前となっています。

場面は、清澄に戻って、いきなり咲が和に抱きつき、いちゃつく二人。
そんな咲と和は水着を持っています。
部長から水着を持っての集合とのこと。
なんとなくで、スポーツランドのプールで特訓を行う為みたいです。

一同はプールへ。みんなはしゃいで、楽しんでいますが、
実は一番おいしいのは京ちゃんだったり。

場面は風越へ。いつもどおりのキャプテン福路。
後日行われる、個人戦に出る気満々みたいです。

場面はプールに戻ります。
咲が泳げないとのことなので、和が教えることに。
今日、2回目の抱きつき。

プール内を徘徊してると、龍門渕のメンツと遭遇します。
実は、このプールが透華の家のものと判明。
その後、透華が和に噛み付いたり、
衣が和と友達なったりと見てると、微笑ましい展開に。

そして、清澄と分かれた、龍門渕の面々は
去年の東京での全国大会の話へ。

麻雀のことかと思いきや、原作にもあるファミレスでの話。
何だかんだで、透華は個人戦で勝ち抜くつもり満々です。
衣は出ないのが意外でした。

今度は、場面が鶴賀に。
こちらも個人戦の話でした。
その後は、熱烈歓迎わんだーらんどを、
久しぶりに聞きながら、各校の様子が。

最後は、宮永姉が所属する高校が、
大差で全国大会出場決めるところが出てきます。
姉の方は咲に合いたくない様子。
反面、咲は姉に会えることが嬉しそうです。

と、ここで今週は終了。

次回は『追想』。
今週見てわかるとおり、個人戦が始まりみたいです。
どのような組み合わせ、対局になるでしょうか?

それでは、また次回です。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

C76

夏のコミケに言ってまいりました。

さっそく、今回の戦利品の一部をば。

20090816.jpg


天空のユミナのフルボーカルアルバムです。
ゲーム中のボーカル曲が、
フルコーラス化&リマスタリングされています。

封を開けて、聞きましたが驚きました。
リマスタするだけでも、曲って変わるんですね。
ゲームのBGMモードと曲が一味違います。

しかも、一曲目から『嘘つきと傷あと』とは。
このゲームで一番好きな曲です。
You tubeでゲームバージョンがあったので、
張っておくので良かったら聞いてみてください。





このサントラ以外にも勝ったものがありますが、
CDが多いので、聞いたら順々に日記に書こうと思います。

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

咲 -saki- 19話感想

咲 -saki- 19話感想です。

タイトルは『友達』で、大将戦後半終盤です。
前回は、咲が8000オールで和がり、衣に一歩近づきました。

OP前に衣と龍文渕の昔話。
改装が終わると、いきなり停電が。

停電復旧後始まった、
対局で4回目の海底で衣が咲の連荘を阻止しました。

それにしても、カツ丼さんは寝てるし。
最近、この人は面白キャラと化している気がします。

勝負のほうはオーラスの南四局へ。
最後の最後まで諦めない、池田が役満を拒否し、逆転を狙いに。
冷静に打つ加治木、咲も役満一歩手前。

咲の和がり牌を引き、捨てるか迷う衣。
咲の麻雀楽しい発言、衣にも影響を与えた模様です。
そして、牌を捨てる衣。

咲は和がらずにカン。衣の責任払い狙いに。
もう一つカン、さらにカン。最後にツモ嶺上開花、
点数は、数え役満で32000点。
さすが、主人公すごい。

龍文渕から32000点を奪って、清澄の逆転優勝となりました。
長かった戦いがここに終結します。

咲と和が仲良しコンビが抱き合い、
喜びを分かち合う清澄面々。
龍文渕、風越、鶴賀負けた3校も、どこか清清しいです。

その後は、優勝記念と言うこと記念撮影。そして、帰路へ。
ここで、今週は終了。

次回は、『姉妹』というタイトルで、決勝後の話。
プールで特訓を行うらしいです。
その場には思いもよらぬ面々が出てくるとのこと。いったい誰でしょうか?

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

黒と青

今月のポリフォニカは青と黒です。

20090809.jpg

黒はキネティックノベル版の小説化です。
本当はもう一冊挟んでから、出す予定だったらしいです。
続きが気になるといえば、気になるので、早く続きを出して欲しいです。

それと、今月はまさかの青。
前に出たのはいつだったでしょうか?
しばらく、何の音沙汰もなかったので、
このまま出ないと思っていましたが、続きが出たので良しとします。

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

咲 -saki- 18話感想

咲 -saki- 18話感想です。

今回は、原作6巻の第44局から48局までです。
タイトルは、『繋がり』で、大将戦後半からです。

前回、咲が槍槓をわざと振込み、池田が和がりました。
次の局では、池田がなんと数え役満で和がり、一気に盛り返しました。

東四局。
今度は、今まで和がることのできなかった
加治木までも和がります。
池田も加治木も仲間との繋がりで、衣に屈することはありませんでした。

一方、咲は調子を取り戻しつつも、どこかに違和感が。
そんな時、合宿のことを思い出し、脱ぎ始めます。靴と靴下を。
これで、一番麻雀をやっていた頃や合宿での感覚を思い出します。

そしてその後、即座に和がる咲。しかし、安手で。
次の南一局でも和がる咲。また安手で。何か策略が?

南二局。
池田が高い手でリーチを。
でも、和がったのは咲。またまた安手で。
しかも、そのまま進めば、池田は一発ツモという悲惨な結果に。

南三局。
池田がまた国士無双リーチと良い手を揃えました。
しかし咲が3連続でカン。そして、お得意の嶺上開花。

点数は8000オール。だんだんと衣に追いついていきます。
そして、咲は全国に行って、姉と仲直りすると衣に宣言。
と今週はここまで。今週は、シリアスED。

次回は、『友達』で、決勝戦終盤です。
咲は連続で和がることができるか?
本調子を取り戻した咲に、衣はどう対抗するか?

それと、もうそろそろ、話が原作追い越しそうなので、
オリジナルの展開に入るのでしょうか。
話数はまだまだ残ってるので、期待してもいいのかな?

それでは、また次回です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

永遠のアセリア&聖なるかな

Xuseの聖なるかなを買いました。

20090802.jpg

企画やシナリオが『天空のユミナ』と同じ人じなので、
面白いだろうと思い、買いました。

SPECIAL PACKAGEなので、永遠のアセリアも付いてきました。
なので、永遠のアセリアから始めてます。

戦闘の時のキャラの色の概念や
アタッカー、ディフェンダーなどの役割が『天空のユミナ』と同じでした。
というより、アセリアのほうが先に出たので、こっちが基ですね。

それと、合間を見てこんにゃく(この青空に約束を)もやってます。
最後のアレが早く見たいです。

それでは、また次回です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。